参院憲法審、3年ぶり議論

自民は参加訴え、立民は否定的

© 一般社団法人共同通信社

多くの人が傍聴に訪れた参院憲法審査会=28日午前

 参院憲法審査会は28日午前、今国会初となる審査会を開いた。2018年2月以来、約3年ぶりとなる自由討議を実施。自民党は参院選の「合区」解消をはじめ、各会派が改憲テーマを提案した上で積極的に議論に参加するよう呼び掛けた。立憲民主党は日本学術会議の任命拒否問題などで「法の支配が破壊されている」として、憲法論議は許されないと訴えた。

 憲法改正手続きに関する国民投票法改正案の今国会成立を目指す与党は、衆院で審議中の改正案の送付に備えて憲法審を活性化させたい考えだ。立民は政党のスポットCM規制に対応しないままでの改正は認められないとけん制した。