韓国の18歳・趙大成、岡山と契約合意「リベッツの一員として楽しく試合が出来たら」

© 株式会社ラリーズ

卓球Tリーグ男子・岡山リベッツは28日、韓国代表の趙大成(チョデソン)との2021-2022シーズン(4thシーズン)の契約合意を発表した。

韓国のサウスポー趙大成が岡山リベッツと契約

韓国期待の18歳・趙大成は、強烈なスピンのかかったサービスと威力ある攻撃を持ち味としている。Tリーグには2019-2020シーズン(2ndシーズン)から参戦し、木下マイスター東京戦で張本智和を破るなど、6勝1敗と活躍を見せた。

韓国の期待の若手として、ダブルスでも活躍している趙大成は、ファイナル進出を目指す岡山リベッツにとって、大きな戦力となるだろう。

趙大成コメント

こんにちは 韓国卓球代表 趙大成です。今シーズンも岡山リベッツの選手として皆さんと会うことが出来て嬉しいです。今 新型コロナウイルスで大変だし、早くコロナが終息したら良いなと思います。そしてまたリベッツの一員として楽しく試合が出来たらいいなと思います。

岡山リベッツ 4thシーズンメンバー(4月28日時点)

田添響
吉村和弘
柏竹琉
サティアン・グナナセカラン(インド)
李尚洙(イサンス・韓国)
安宰賢(アンジェヒョン・韓国)
森薗政崇
趙大成(チョデソン・韓国)

文:ラリーズ編集部