五輪開催「議論すべき時期」

政府分科会の尾身会長

© 一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は28日の衆院厚生労働委員会で、東京オリンピック・パラリンピック開催について「組織委員会など関係者が感染のレベルや医療の逼迫状況を踏まえて議論をしっかりやるべき時期に来ている」と述べた。

 尾身氏は政府から分科会に五輪開催の是非への意見を求められたかと問われ、「個人的に、私には2、3度あり、つい最近もあった」と明らかにした。分科会への正式な依頼はないという。

 尾身氏は政府に伝えた意見として「感染の状況、医療の逼迫状況を考えた上で、国民に知らせるのが組織委員会、関係者の責任でないかと申し上げた」と述べた。