営業継続の演芸場が休業へ

東京都の再要請に応じる

©一般社団法人共同通信社

5月1日からの休業を決めた浅草演芸ホール=28日午後、東京都台東区

 浅草演芸ホール(東京都台東区)をはじめ都内の演芸場は28日、5月1~11日に休業すると発表した。緊急事態宣言期間中も感染対策をしながら落語公演などの営業を続けてきたが、都から落語協会(柳亭市馬会長)などに詳しい説明と改めての休業要請があったため応じた。

 宣言発令に伴い東京都が無観客開催を要請したが、各演芸場と落語協会、落語芸術協会(春風亭昇太会長)が協議し、「無観客開催はできない」「大衆娯楽である『寄席』は社会生活の維持に必要なもの」として、宣言期間中の25日以降も営業を継続していた。

 休業を決めたのはほかに、鈴本演芸場、新宿末広亭、池袋演芸場など。