巨人・岡本和が原監督の期待に応え2日連発「101号」

© 株式会社東京スポーツ新聞社

4回、5号2ランを放った岡本和

若大将は新たなステージへ…。巨人の岡本和真内野手(24)が、28日のヤクルト戦(神宮)に「4番・三塁」で先発出場し、5号2ランを放った。

2点リードの4回、スアレスの4球目を力強く捉えると、打球はスタンド中段にまで到達。前日の試合で通算100号本塁打を放った若き主砲が、大記録達成の翌日にさっそく「101号」を記録した。

昨晩の記録達成時には〝元祖・若大将〟の原監督から「まだあと400本、500本を目指してほしいね」と、さらなる〝成長指令〟も…。期待に応えて、次なるステージへとまた一歩踏み出した。