Fukase「役者デビューしてきます!」と意気込むも…菅田将暉と初共演作の撮影秘話を明かす

©株式会社フジテレビジョン

4月27日(火)、映画「キャラクター」の完成報告会が行われ、菅田将暉、Fukase、高畑充希、中村獅童、小栗旬、永井聡監督、原案・脚本を担当した長崎尚志が登壇した。

「もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら?しかも、その顔を“キャラクター”化して漫画を描いて売れてしまったら」。本作は、そんなアイデアを基軸に、登場人物それぞれが幾重にも交錯し、運命を翻弄されていく物語を描いたダークエンターテインメント。

売れない漫画家・山城を菅田が、殺人鬼・両角を本作が俳優デビュー作となるSEKAI NO OWARIのFukaseが演じる。

詳しいイベントの詳細はこちら

イベント終了後、菅田、Fukaseに、フジテレビ『めざましテレビ』鈴木唯アナウンサーがインタビューした。

今作で初共演を果たした2人。

撮影の中で一番印象に残っていることを尋ねられると、「初日が刺激的でしたね」と即答で答えた菅田。Fukaseも同じく「初日は刺激的でした」と回顧した。

Fukaseは今作の出演が初めて演技の仕事だった為、ドキドキしながら臨んでいたという。Fukaseは相当気合が入っていたらしく、自信が所属するバンドグループのグループLINEに「今日、役者デビューしてきます」とメッセージを送っていたことを明かした。

しかし、撮影ではどれだけ待っても名前が呼ばれず、結局その日に出演したシーンでは自身の右肩だけしか映らなかったという驚きのエピソードを語った。結局その日に出演したシーンでは自身の右肩だけしか映らなかったという驚きのエピソードを語った。

「撮影初日っていうのは(準備に)時間がかかったりするものなんですけど…」と菅田がフォローを入れ、「8時間くらい待った?」と聞くとFukaseは小声で「12時間くらい」と返答。予想の遥か上をいくFukaseの答えに周りも大爆笑。

また撮影では血まみれになるシーンが多かったという2人に「血のりの味ってどんな味なんですか?」と鈴木アナが質問。Fukaseは「甘いんです。本当は苦いらしいです。苦いのを消すためにわざわざ甘くしてる」と解説していた。

菅田は現場にFukaseがマツタケ弁当を差し入れしてくれた時に、血のりのせいで「全然味がわからなかった」と告白。「肉も甘いし、マツタケも甘いし、米も甘いし…」とコメントし周りを笑わせていた。

Fukaseは「あのときの僕らは本当に不自由でしたね」と撮影を振り返った。

映画「キャラクター」は、6月11日(金)よりロードショー。
©2021 映画「キャラクター」製作委員会
配給:東宝

最新情報は、映画「キャラクター」公式サイトまで。