<レスリング>乙黒拓斗(自衛隊)と塩谷優(拓大)が2位…2021年UWWランキング(4月末時点)

©公益財団法人日本レスリング協会

 

アジア選手権優勝でUWWランキング2位に浮上した乙黒拓斗(左=自衛隊)と塩谷優(拓大)=撮影・保高幸子<UWW>

 2021年のアジア選手権と欧州選手権が終わり、世界レスリング連盟(UWW)は4月末現在の各階級のランキングを発表。アジア選手権で優勝した男子フリースタイル65kg級の乙黒拓斗(自衛隊)と男子グレコローマン55kg級の塩谷優(拓大)が2位、男子グレコローマン67kg級の下山田培(警視庁)が4位にランクされた。

 乙黒はアジア選手権優勝で20点を獲得したが、決勝の相手のバジラン・プニア(インド)が3月のランキング大会「マテオ・ペリコネ国際大会」(イタリア)で優勝していて計32点へ。欧州選手権優勝のザギール・シャキエフ(ロシア)とともに2位となった。塩谷はアジア選手権優勝で18点を獲得。欧州選手権優勝のエミン・セフェルシャエフ(ロシア)と大陸選手権優勝は同じだが、出場選手数の関係で2点差の2位となっている。

 下山田は、決勝の相手のアルマト・ケビスパエフ(カザフスタン)が「マテオ・ペリコネ国際大会」で3位に入っているなどで4位となった。

 このランキングは東京オリンピックのシードとは無関係。このあと、パンアメリカン選手権(5月)とアフリカ選手権(未定)、ポーランド国際大会(6月)、東京オリンピック(8月)、世界選手権(10月)でポイントが加わり、2021年のランキングが決定する。東京オリンピックは通常のポイントの20%が上乗せされるので、最高で68点を獲得できる。

 各階級の1位選手に1万ドル(約105万円)、2位選手に7,000ドル(約73万5000円)、3位選手に3,000ドル(約31万5000円)の賞金が授与される。

 日本選手が10位以内に入っている階級のランキングは下記の通り(同点の場合は内容差による)。


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]Sefershaev, Emin Narimanovich(ロシア)20点
[2]塩谷優(日本)18点
[2]Oeztuerk, Ekrem(トルコ)18点
[4]Bakhromov, Ilkhom(ウズベキスタン)16点
[4]Azizli, Eldaniz(アゼルバイジャン)16点

 【60kg級】
[1]Emelin, Sergey(ロシア)20点
[2]Sultangali, Aidos(カザフスタン)18点
[3]Kamal, Kerim Kazim(トルコ)18点
[4]Mohsen Nejad, Mehdi Seifollah(イラン)16点
[4]Arnaut, Razvan(ルーマニア)16点
 :
[7]鈴木絢大(日本)14点

 【67kg級】
[1]Kebispayev, Almat(カザフスタン)28点
[2]Firat, Murat(トルコ)26点
[3]Nemes, Mate(セルビア)20点
[4]下山田培(日本)18点
[4]Bernatek, Mateusz Lucjan(ポーランド)18点

 【72kg級】
[1]Fritsch, Robert Attila(ハンガリー)30点
[2]Labazanov, Chingiz(ロシア)23点
[3]Can, Selcuk(トルコ)22点
[4]Bolkvadze, Shmagi(ジョージア)20点
[5]Ryu, Hansu(韓国)18点
 :
[9]堀江耐志(日本)14点

 【82kg級】
[1]Akiev, Adlan(ロシア)36点
[2]Berdimuratov, Jalgasbay(ウズベキスタン)18点
[3]Kuliev, Radik(ベラルーシ)18点
[4]Asykeev, Kalidin(キルギス)16点
[5]Rikadze, Aivengo(ジョージア)
[5]Wagner, Hannes(ドイツ)16点
 :
[7]向井識起(日本)14点


男子フリースタイル

 【57kg級】
[1]Aburumaila, Ali M M(パレスチナ)23点
[2]Kumar, Ravi(インド)20点
[3]Atli, Suleyman(トルコ)20点
[4]Sarlak, Alireza Nosratolah(イラン)18点
[4]Mongush, Nachyn(ロシア)18点
 :
[7]竹下雄登(日本)16点

 【61kg級】
[1]Askarov, Adlan(カザフスタン)30点
[2]Magomedov, Abasgadzhi(ロシア)20点
[3]Turobov, Jahongirmirza(ウズベキスタン)18点
[4]Dzhelep, Andrey(ウクライナ)18点
[5]Grigorev, Eduard(ポーランド)16点
 :
[7]嶋江翔也(日本)14点

 【65kg級】
[1]Punia, Bajrang(インド)32点
[2]乙黒拓斗(日本)20点
[2]Shakhiev, Zagir(ロシア)20点
[4]Bienkowski, Krzysztof(ポーランド)18点
[5]Ghiasi Cheka, Morteza Hassanali(イラン)16点

 【97kg級】
[1]Yergali, Alisher(カザフスタン)28点
[2]Shabanibengar, Ali Khalil(イラン)20点
[3]Zhabrailov, Alikhan(ロシア)20点
[4]Karadeniz, Suleyman Mustafa(トルコ)18点
[5]石黒峻士(日本)16点  ほか3人