スズキ、インド3工場の生産停止

ホンダも、コロナで酸素不足

©一般社団法人共同通信社

浜松市南区のスズキ本社

 スズキは29日、インドにある3工場の生産を一時停止すると明らかにした。インドでは新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、医療用酸素の不足が深刻化しており、工業用の酸素を医療に回すための措置として実施する。停止期間は5月1日から9日まで。

 ホンダもインドでの二輪車生産を一時停止すると発表した。期間は5月1~15日で、北部ハリヤナ州や西部ラジャスタン州などにある全4工場を対象とする。

 工業用の酸素は自動車部品の溶接などに使われる。スズキの現地の取引先も酸素不足を受け部品の生産が難しくなっており、部品調達にも懸念が出ている。