ピストル、佐々木が初の五輪切符

女子代表決定戦

©一般社団法人共同通信社

ライフル射撃女子ピストル種目の東京五輪代表に決まった佐々木千鶴(日本ライフル射撃協会提供)

 ライフル射撃女子ピストル種目の東京五輪代表決定戦最終日が29日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、佐々木千鶴(岩手県警)が初の代表入りを決めた。3度目の出場を目指した小西ゆかり(飛鳥交通)との一騎打ちを制した。

 決定戦は2日間行われ、エアピストルと25メートルピストルの合計点で順位を決定。ともに合計1144点で並んだが、中心圏の的中数の合計で上回った佐々木が規定により勝者となった。