キプロス和平協議、再開困難

国連会合、南北首脳物別れ

©一般社団法人共同通信社

 【イスタンブール共同】地中海の分断国家キプロスの和平協議再開を目指し、ジュネーブで開かれていた国連の非公式会合が29日、3日間の日程を終えた。南北首脳の意見が対立し、物別れに終わった。非公式会合は今後も開催される見通しだが、和平協議再開は困難な情勢だ。

 和平協議は2017年に決裂して以来、開かれていない。国連のグテレス事務総長は29日の記者会見で「公式交渉再開に向けた十分な共通点をまだ見つけられていない」と語り、交渉の難しさを認めた上で、同様の非公式会合の継続に意欲を示した。