韓国の五輪選手がワクチン接種

初日は百人、ファイザー製

©一般社団法人共同通信社

29日、ソウル市内でワクチン接種を受ける韓国バレーボール女子の金軟景さん(大韓体育会提供・聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国で29日、東京五輪・パラリンピックに参加する選手やコーチへの新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。韓国メディアによると、初日は柔道や卓球、バレーボール女子、テコンドーなどの約100人がソウル市内の医療施設で米ファイザー製を接種した。

 選手らは、医師から接種後2~3日は激しい練習を控えるよう説明を受け、副反応が出た人は確認されていないという。

 バレーボール女子のエース金軟景さんは「(ワクチンの安全性が)心配だったが、インフルエンザの注射を受けた気分だ」と話した。