アルバカーキ駆るLMP2がハイパーカー勢を上回りFP1トップタイム/WEC開幕戦スパ

©株式会社サンズ

 4月29日、ベルギーのスパ・フランコルシャンで2021年シーズンのWEC世界耐久選手権第1戦『スパ・フランコルシャン6時間レース』が開幕した。レースウイーク初日の29日は15時30分から、この日唯一の走行セッションとなるフリー走行1回目が行われ、週初めの月~火に実施された公式テスト“プロローグ”でも速さをみせたユナイテッド・オートスポーツUSAの22号車オレカ07・ギブソン(フィル・ハンソン/ファビオ・シェーラー/フィリペ・アルバカーキ組)がトップタイムをマークしている。

 WECとELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズのLMP2チャンピオンであるアルバカーキは、WEC“シーズン9”開幕戦スパのオープニング・プラクティス開始から約15分後に2分04秒083というタイムを記録した。セッション終了まで破られることがなかったこのタイムは、プロローグでGドライブ・レーシングのニック・デ・フリース(26号車アウルス01・ギブソン)が記録した総合ベストタイムよりも0.085秒速いものだ。

 そんな22号車に次ぐタイムを計測したのは、今シーズンに限りハイパーカー(LMH)クラスへの出場が認められているLMP1ノンハイブリッドカーのアルピーヌA480・ギブソン(アルピーヌ・エルフ・マットミュート)で、マシュー・バキシビエールが2分04秒335をマークしている。

 総合3番手はLMP2プロ・アマにエントリーしているリアルチーム・レーシングの70号車オレカ。ノルマン・ナトが2分04秒471というタイムを記録した。なお、70号車は自己ベストタイムを刻んだ直後にバスストップ・シケインで停止し、その後は再出走は果たしていない。

 アルピーヌが総合2番手につけた一方、ハイパーカークラスに新車のトヨタGR010ハイブリッドを投入したTOYOTA GAZOO Racingは、総合7番手と10番手で最初のセッションを終えた。

 TGRのベストタイムは7号車を駆るマイク・コンウェイが設定した2分04秒574で、トップからはコンマ5秒弱遅れた。8号車はブレンドレン・ハートレーが2分04秒947をマーク。こちらは首位と0.864秒差だ。

7号車トヨタGR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)

 5台が参加するLMGTEプロクラスは、ポルシェGTチームの92号車と91号車ポルシェ911 RSR-19がクラスワン・ツーという滑り出しに。対するフェラーリ勢はAFコルセの51号車と52号車フェラーリ488 GTEエボがクラス3、4番手となったが、92号車から52号車までのギャップは0.249秒と僅差だ。
 
 なお、ゲスト参戦のシボレー・コルベットC8.R(コルベット・レーシング)はレギュラーの4台からやや遅れをとり、ポルシェと約1秒差の2分14秒405でクラス5番手となっている。
 
 LMGTEアマクラスは、そのコルベットを上回る2分13秒941をマークしたチーム・プロジェク1の56号車ポルシェ911 RSR-19がクラストップに。クラス2番手と3番手にデンプシー・プロトン・レーシングの77号車と88号車がつけ、ポルシェ勢がトップ3を独占した。

 同クラスに星野敏/藤井誠暢/アンドリュー・ワトソンという布陣で挑戦する、Dステーション・レーシングの777号車アストンマーティン・バンテージAMRのタイムは2分15秒788でクラス最後尾となっている。

 終始ドライコンディションで行われたフリー走行1回目は、マーシャルが許可されていない場所にいた関係で一時的に赤旗が提示された。次のセッション、フリー走行2回目は30日14時(日本時間21時)から60分にわたって実施される予定だ。

FP1トップタイムをマークしたユナイテッド・オートスポーツUSAの22号車オレカ07・ギブソン