東京円、108円台後半

© 一般社団法人共同通信社

 休日明け30日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。

 午前10時現在は休日前の28日と比べ09銭円高ドル安の1ドル=108円92~93銭。ユーロは44銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円05~09銭。

 米国の金融緩和が長期化するとの見方から円買いドル売りが入った。米長期金利が上昇基調にあることを受け、日米金利差拡大を意識して円を売る動きも見られた。

 市場では「月末で大型連休期間ということもあり、国内輸入企業による実需のドル買い注文が多く入っている」(外為ブローカー)との声があった。