世界のコロナ感染1億5千万人超

インドで急増、死者315万人超

© 一般社団法人共同通信社

インド西部ムンバイでワクチン接種を待つ人々=29日(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が30日、世界全体で1億5千万人を超えた。欧米などで感染拡大は鈍化傾向にあるものの、国別2位の人口を抱えるインドでの急激な増加を受け、1千万人増に要した日数は13日とこれまでで最も短く、過去最悪ペースでの増加が続いている。

 3月中旬から死者数も増加に拍車が掛かっており、世界全体で315万人を超えている。国別では米国が感染者3200万人、死者57万人でいずれも世界最多。感染者はインドが1800万人、ブラジルが1450万人を上回り、これら3カ国で世界全体の4割強を占めている。