角田裕毅、イモラで「自分の弱点がわかった」初のポルトガルでは状況を見極めアグレッシブに/F1第3戦直前インタビュー

© 株式会社サンズ

 今週末第3戦ポルトガルGPの開催されるアルガルベ・サーキットは、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)にとってデビュー3戦目にして初めての未知のコースとなる。前戦のイモラは逆にF1マシンで最も走り込み、本人も「大好きで、得意なサーキット」だったが、予選とレースで大きなミスを犯し、ノーポイントに終わった。

「意気込んで、目標を高く設定しすぎた」と振り返る角田は今週末のレースに関して、「アグレッシブに行くべきところは行く」としつつも、「予選までにある程度まとめていって、レースでポイントを獲りたい」と、これまでと少し違うアプローチでいく可能性も示唆していた。

────────────────────

──イモラでいくつか犯したミスの原因は、ご自身でどう振り返っていますか?

角田裕毅(以下、角田):目標を高く設定しすぎました。イモラは僕が一番走り込んだサーキットでしたし、ここで大きくポイントを獲ろうという意気込みもあった。それでフリー走行から、すべていい結果を残していこうと思っていました。さらに予選は、何ならトップ4を狙おうと思っていた。同時に今までもそういう時はミスを犯しがちだったので、気をつけようという意識はありました。

──それでもミスを犯してしまった。

角田:FP1からトラブルが出るなど、流れは悪かったですね。なかなか走れずにいて、FP2は普通に走れたのですが、でも少し焦りは出ていました。そしてFP3は渋滞につかまって、1周も本当のパフォーマンスで走れなかった。僕がどのあたりの位置にいるのか、予選前にははっきりわからなかったです。あとで確認してみたら、FP3では4番手ぐらいの位置にいたのがわかったんですけどね。

 でもあの時はストレスも溜まっていて、そういう確認もしないで予選に臨んだ。Q1はソフト1セットで通過しようと目論んでいました。もしFP3で速かったことがわかっていたら、そこで無理する必要はなかったと思うんです。でも自分の相対的な速さがわからなくて、無理した部分はあったと思います。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP Q1でクラッシュを喫した角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

──クラッシュするまでのペースは、すごくよかったですね。

角田:はい。好きなコースだったのもあって、前半部分はけっこう決まっていました。それで少し、興奮しすぎたというか。あの時のブレーキングは、フリー走行では一度も試したことがないくらい遅らせたんですね。ここまで送らせたら、後ろがある程度滑るだろうなというのはわかっていたんです。でも一か八かで行ったら、その予想以上にリヤが滑った。Q1でやるべきことではなかったことだし、すごく反省しています。予選までの組み立てが、うまくいってなかったです。

──レースはいかがでしたか?

角田:あれはまた別の話で、赤旗中断まではうまくいっていました。あのスピンは、経験ですね。ある意味、大きなミスをイモラ1レースで全部出せたのはよかったかなと。どこが悪いのか、自分の弱点がどこなのかもすべてわかった。もちろん結果としてはすごく悪かったし、悔しかったですけど。でも次を見てポジティブに捉えると、いい週末だったかなと思います。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

■「ポイントを獲れるよう、クリーンにまとめるレース週末にしたい」

──今週末は初体験のサーキットですが、初めて走るコースでも攻める姿勢は忘れない? それとも今回は、少し抑えようという気持ちがどこかにありますか?

角田:シチュエーションによりますね。今と同じペースでいけるのなら、無理する必要はない。ただアグレッシブに行くべきところは行きます。その姿勢は保ちつつ、タイミングや状況をうまく見極めて、やっていこうと思います。サーキット自体新しいので、そこはバーレーンやイモラとは違う。ちょっとずつ詰めていって、予選までにある程度まとめ上げられればと思います。そしてレースでポイントを獲れるよう、クリーンにまとめるレース週末にしたいです。

──無線メッセージについて、チームから何か言われましたか?

角田:いや、全然。開幕前のテストから僕はあんな感じですし、フランツ(・トスト/チーム代表)からも気にしなくていいと言われています。ただ僕としてはレース週末をいい流れでいきたいし、今後は抑えるというか、次につなげていこうと思ってます。なので今回は、叫ばないようにします(笑)。

──担当エンジニアのマティア・スピ二とは、どんな関係を築いているのですか?

角田:マティアとはもう友達感覚というか、開幕前から良い関係を築けていたし、何でも話し合える間柄ですね。レース週末もなんでも言い合えますし、とても満足しています。不満があったら、それもちゃんと言えるし。お互いそれができているので、いい関係かなと。

──スピニはどんな人ですか?

角田:静かな人かなあ。普通に明るいですが、そんなにおしゃべりではない。レースではすごく集中して、のめり込みすぎることもある。プライベートでは食事とかでもよく喋るし、そのあたりのメリハリはしっかりしています。

2021年F1第3戦ポルトガルGP リモート会見に出席した角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)