ギグワーカーの待遇改善求める

米労働長官「大半は従業員」

© 一般社団法人共同通信社

注文を待つ宅配サービスの配達員=2月、スペイン・バルセロナ(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】ウォルシュ米労働長官は29日、インターネットを通じて配達員など単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」について「その大半は従業員に分類されるべきだ」と述べ、待遇改善が必要との考えを示した。今後、企業と協議する方針も明らかにした。ロイター通信のインタビューに答えた。

 ギグワーカーは賃金が低かったり福利厚生が受けられなかったりするなど、従業員の待遇より劣ることが多い。IT企業が大きな利益を上げる一方で、コスト削減のためにギグワーカーを不十分な条件で働かせているとして、国際的に批判の声がある。