JR西日本、発足以降最大の赤字幅 外出自粛で旅客需要が減少

© 株式会社神戸新聞社

神戸新聞NEXT

 JR西日本が30日発表した2021年3月期連結決算は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で旅客需要などが減り、最終的なもうけを示す純損益が2332億円の赤字(20年3月期は893億円の黒字)に転落した。1987年の旧国鉄民営化でJR西が発足して以降、最大の赤字幅となった。

 売上高は前期比40.4%減の8981億円と大幅に落ち込んだ。

 22年3月期の純損益は30億円の黒字転換を予想。売上高は1兆2575億円(21年3月期比40%増)を見込む。