日本ハムに激震 西川ら3選手が新型コロナ陽性 浅間も濃厚接触の可能性で登録抹消

© 株式会社東京スポーツ新聞社

日本ハム・西川遥輝

日本ハムは30日、中島卓也内野手(30)、西川遥輝外野手(29)、清水優心捕手(24)の3選手がPCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性判定を受けたことを発表した。

これにより同球団は日本野球機構(NPB)の「感染拡大防止特例2021」に基いて、濃厚接触の可能性がある浅間大基外野手(24)を含めた4人の出場選手登録を抹消し、鶴岡慎也捕手(40)、杉谷拳士内野手(30)、宇佐見真吾捕手(27)、平沼翔太内野手(23)を代替指名選手として登録し、予定通り埼玉西武ライオンズ6回戦(札幌ドーム)を開催することも発表した。

中島は37・0度、西川は37・8度の発熱。清水ものどの痛みを感じた始めたため、札幌市内でPCR検査を受け、3人全員が陽性と判定された。現在はチームから隔離されている。

いずれの選手も28、29日のソフトバンクホークス戦(ペイペイ)にベンチ入りし、西川は2試合フル出場、清水選手は29日に途中出場、中島の出場はなかった。福岡遠征中は球場と宿泊ホテル間の移動を除いて外出を控えていたという。