ロッテ、清田の謹慎処分を解除

新型コロナ禍で虚偽報告

© 一般社団法人共同通信社

 ロッテは30日、新型コロナウイルス感染対策の球団ルールに反する不適切な行動をした清田育宏外野手(35)に科した無期限謹慎処分を5月1日で解除すると発表した。1日から2軍練習に参加する。1月15日に処分を発表し、反省の態度を考慮して解除を決めた。

 清田は昨年9月末に遠征先の札幌で、禁じられていた部外者と会食し、球団に虚偽報告した。その後チームでは10月上旬に清田を含む1軍の8選手ら計14人の新型コロナ集団感染が判明した。

 球団を通じて「反省の気持ちを忘れることなく自分を律しチームの勝利に貢献していきたい」とコメントした。