EWC、オッシャースレーベン8時間の中止で全4戦に減少。鈴鹿8耐は最終戦に

©株式会社サンズ

 FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は4月30日、ドイツで開催予定だったFIM世界耐久選手権(EWC)オッシャースレーベン8時間耐久ロードレースを開催しないことを発表した。

 ル・マン24時間、鈴鹿8耐の延期、エストリル12時間の日程変更と昨年末に発表されたカレンダーからすべてのレース日程が変更され、新型コロナウイルスの影響を受けている2021年のEWC。延期されることとなっていたオッシャースレーベン8時間は、開催されないことが今回わかった。

 FIM、ユーロスポーツイベント、EWCのプロモーターや開催サーキットがオッシャースレーベン8時間の再スケジューリングのために協力してきた。6月にル・マン24時間、7月にエストリル12時間、11月に鈴鹿8耐が予定され、東京オリンピック後に国際イベントを開催するには8月中旬しか代替日が見つからなかったという。

 しかし、8月にオッシャースレーベン8時間を開催することは現時点では不可能だったため、カレンダーから外すしかなかったようだ。この決定により、11月5~7日に開催される鈴鹿8時間耐久ロードレースは再び最終戦として位置づけられることとなり、2021年は全4戦と減少した。

■2021FIM世界耐久選手権(EWC)カレンダー(4月30日発表時点)

Round Race/Country Day

第1戦 ル・マン24時間/フランス 6月12~13日

第2戦 エストリル12時間/ポルトガル 7月17日

第3戦 ボルドール24時間/フランス 9月18~19日

第4戦 鈴鹿8耐/日本 11月7日