ポルトガルGP FP2:ソフトタイヤのペースは伸びずも、ハミルトンがトップ。フェルスタッペンが僅差で2番手

©株式会社サンズ

 2021年F1第3戦ポルトガルGPのフリー走行2回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは10番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは11番手、角田裕毅は14番手となっている。

 ターン11の出口、縁石横の排水溝の蓋が外れたため、FP2のセッション開始は10分遅れとなった。現地の天候は晴れ、気温19度、路面温度は39度まで上がっている。明日以降、同じ時間に始まる予選、レースは、ほぼ同じようなコンディションで行われる可能性が高い。

 ハードを履いたニキータ・マゼピン(ハース)をのぞく19台が、ミディアムでコースに出て行った。フェルスタッペンが「BBW(ブレーキ・バイ・ワイヤ)が壊れて、運転不能だ」と訴えながら、ピットに戻って行った。センサー異常だったことが判明し、フェルスタッペンは再びコースへ。1分20秒322のトップタイムを叩き出した。

 セッション中盤の時点で、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がコンマ1秒差で2番手。3番手カルロス・サインツ(フェラーリ)、4番手ルハミルトン、5番手セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)。アルファタウリ・ホンダ勢は、ガスリー7番手、角田はチームメイトからコンマ8秒落ちの15番手と、やや伸び悩んでいる。

 セッション後半は多くのドライバーがソフトを履いたが、FP1同様ミディアムやハードに比べてとりわけペースが伸びてはいない。それでもハミルトンは全区間ベストで、1分19秒837の最速タイムを出した。0.143秒差でフェルスタッペン、さらに0.2秒遅れてボッタス。サインツ4番手、そしてフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が、サインツから0.023秒の僅差で5番手に付けた。エステバン・オコンも0.01秒差で6番手と、アルピーヌの2台が速さを見せている。対照的にマクラーレンは、ダニエル・リカルド8番手、前戦で3位表彰台に上がったランド・ノリスは12番手に留まった。アルファタウリもガスリー11番手、角田14番手とトップ10には入れなかった。

 終盤のロングランでは多くのチームが各ドライバーにソフトとミディアムを分担して走らせたが、フェラーリ、マクラーレンはソフトに集中。レッドブルは逆に2台ともミディアムだ。アルファタウリはガスリーがソフト、角田はミディアムで周回。その後、分担を入れ替えている。

 ソフトの左フロントタイヤに、グレイニング(ささくれ摩耗)が出ているクルマが多い。決勝レースはミディアム主体になる可能性が高いが、グレイニングが収まってからのソフトのペースはどうなのか。セッションが60分に短縮されたことで、その辺りを煮詰めきれないチームが多いように見えた。

2021年F1第3戦ポルトガルGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第3戦ポルトガルGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)