宮城で震度5強、2人けが

M6.8、津波心配なし

© 一般社団法人共同通信社

地震の影響で東北新幹線などが運転を見合わせ、混雑するJR大宮駅=1日午前10時51分、さいたま市

 1日午前10時27分ごろ、宮城県で震度5強の地震があった。青森、岩手、福島各県でも震度5弱を観測した。気象庁によると、震源地は宮城県沖で、震源の深さは51キロ。地震の規模はM6.8と推定される。津波の心配はない。宮城県警によると、同県女川町の入浴施設で高齢の夫婦がガラスで切り傷を負った。

 気象庁は緊急記者会見を開き、今後1週間程度は最大震度5強の地震に注意が必要と呼び掛けた。

 JR東日本とJR東海によると、東北新幹線は午前10時半ごろから全線で運転を見合わせ、東海道新幹線も東京―掛川間で一時運転を見合わせた。