米太平洋軍に新司令官が就任

アキリーノ氏、対中抑止へ

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】在日米軍を傘下に置く米インド太平洋軍の司令官の交代式が4月30日、米ハワイ州で開かれ、デービッドソン海軍大将に代わりアキリーノ海軍大将が新司令官に就任した。アキリーノ氏は軍備増強を進める中国を念頭に「法に基づく国際秩序を礎とした環境が脅かされている」と述べ、日本など同盟国と連携して対中抑止力を強化する考えを示した。

 デービッドソン氏は離任あいさつで「中国共産党は、自由で開かれた秩序を、国際法よりも中国を優先させる新たなものにすげ替えようとしている」と批判。「インド太平洋における競争は、自由と専制主義の争いだ」と指摘した。