木村拓哉、黒マスクの自撮りに苦言続出「おじさん」「めっちゃ昭和」

©メディアシンク株式会社

木村拓哉(48)がインスタグラムで披露した自撮り写真にネットからドン引きの声が集まっている。

木村は27日にインスタグラムを更新し、「本日のスチール撮影も操上さんのお陰でスムーズに終了しましたぁ~」と報告しつつ、自撮り写真を披露。写真に映る木村は黒のマスクにサングラスを着用し、グレーのスウェットに金の太いチェーンのネックレスを付けていた。

撮影については、「何のスチールかは、もうちょい先のご報告になりますが、楽しみにしていて下さいませ」と、まだアナウンスできないとのこと。最後には「現場のスタッフの皆さん、ありがとうございましたぁ~!!」とスタッフに感謝をつづっていた。

しかし、この投稿にネット上からは、「金のネックレス、ジャケットの持ち方、めっちゃ昭和」「ただオジさんが若者ぶって格好つけているようにしか見えません」「皮膚なんか衰えてて、けして若くないのがわかるけど、昭和の20代のような格好をして違和感ある」という声が集まってしまっていた。

かつては絶大な支持を集め、まさに国民的人気となっていた木村だが、時を経てその“おじさん”っぷりにツッコミばかりが集まるようになってしまったようだ。