セルティックスのジェイソン・テイタムが球団史上最多タイとなる1試合60点をマーク

©楽天株式会社

日本時間5月1日(現地4月30日)、ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムがホームで行なわれたサンアントニオ・スパーズ戦で、キャリアハイとなる60点をマークした。セルティックスで60点を記録したのは1985年3月13日(同12日)のラリー・バード以来で、テイタムは“レジェンド”と称されるOBとともにチームの1試合最多得点記録を持つ選手となった。

テイタムのこれまでのキャリアハイは4月10日(同9日)のミネソタ・ティンバーウルブズ戦で記録した53点だったが、わずか約3週間で自身の記録を塗り替えた。また、『StatMuse』によると、テイタムは60点超えを達成したリーグ史上2番目に若い選手(23歳58日)となっている(1位はデビン・ブッカーで20歳145日、3位はジェリー・ウェストで23歳234日)。

この日テイタムは45分プレイしてフィールドゴールを37本中20本(54.1%)、3ポイントを7本中5本(71.4%)、フリースローを17本中15本(88.2%)成功。第4クォーターに21点、延長で10点を積み上げた。141-140とわずか1点差で迎えた延長残り4.2秒からフリースローを2本とも沈め、得点を60の大台に乗せるとともにリードを3点に広げてみせた。

試合は前半のFG成功率が71.4%だったスパーズが最大32点のリードを奪う展開だったものの、後半にセルティックスが猛追。延長の末、143-140という大逆転勝利を飾った。なお、2連勝で34勝30敗となったセルティックスは、3日(同2日)にホームでポートランド・トレイルブレイザーズと対戦する。

(C)2021 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.