トヨタの新型ハイパーカーが初予選で1-2。ポール獲得の小林可夢偉「本当に誇りに思う」/WECスパ

©株式会社サンズ

 4月30日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットでWEC世界耐久選手権第1戦スパ6時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingは小林可夢偉駆る7号車トヨタGR010ハイブリッドがポールポジションを獲得し、中嶋一貴がアタックを担当した8号車トヨタGR010ハイブリッドが総合2番手に続いた。この結果、2台のトヨタGR010ハイブリッドは、歴史的なハイパーカーのデビューレースをグリッド最前列から並んでスタートすることになった。

 2021年シーズンのWECは予選方式が見直され、2名のドライバーの平均アタックラップタイムを予選タイムとして採用する従来の方式から、各車ひとりのドライバーによる純粋なベストタイムで決勝のグリッド順を決定する方式へと切り替えられた。

 トヨタが今シーズンのWECに投入した2台のGR010ハイブリッドは、今週月曜から2日間にわたって行われたプロローグテストや木曜日からのフリー走行で精力的にラップを重ね、新しいLMHル・マン・ハイパーカー規定の下で争われるハイパーカークラスのデビュー戦に向けて準備が進められてきた。

 そのなかでマイク・コンウェイ/可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組の7号車は事前のテストで技術的なトラブルに見舞われ、貴重な走行時間を失っている。しかし、チームは車両のセットアップとシステム制御に関する作業を続けてきた。

 予選前最後のフリー走行を7号車と8号車のワン・ツーで終えたトヨタ陣営。迎えた予選では7号車に乗り込んだ可夢偉が計測1周目にアタックを決め2分00秒747を記録。出走34台中、唯一の2分00秒台のタイムでポールポジションを獲得した。

 一方、8号車のステアリングを握った一貴は後半セクションでわずかに遅れたものの、セクター1で全体ベストをマークする走りで2分01秒266というタイムにまとめ予選2番手を確保した。これによりトヨタは、“ハイパーカー時代”最初の予選でフロントロウを独占することに成功している。

「アタックラップは完全にクリーンとは言えませんでした。とはいえ、GR010ハイブリッドはとても好調で、新品タイヤでのハンドリングにも満足でき、予選アタックを楽しむことができました。ただ、もう少しタイムは縮められたと思います」と語るのは、チームメイトから0.519秒の遅れを取った8号車の一貴。

「プロローグ・テストが始まったときに比べれば、クルマへの満足度は高まっていますし、コースの路面コンディションも向上しています。感触は良くなっていますが、1セットのタイヤで2スティント走る決勝レースはとても難しくなると思います」

「判断を間違わず優勝争いをすること、それが僕たちの目標です。この週末の各走行セッションをとおして見ると、我々のロングランでのペースが良いときもあれば、7号車の方が速かったときもあり、予想は難しいです」

「しかし、もちろん決勝レースでは優勝を目指してGR010ハイブリッド同士ハードに戦えることを臨んでいます」

TOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタGR010ハイブリッド

■可夢偉「燃料の少ない状態でのアタックは初めてだった」

 スポーツカー新時代、その最初のポールポジションを奪った可夢偉は「ハイパーカーでの初予選でポールポジションを獲得できたことを本当に誇りに思います」とコメント。

「今日までの道のりは簡単ではなく、今週も幾つかのトラブルに見舞われ、完璧とは言えませんでした。しかし、予選ではすべてをかけてアタックし、GR010ハイブリッドもとても好調でした」

「燃料の少ない状態でのアタックは初めてでしたが1周目から素晴らしい走りができ、素晴らしい仕事でGR010ハイブリッドを仕上げてくれたチームには本当に感謝しています」

「新しいハイパーカーのルールの中で、ゼロからレースカーを作り上げるというのはとても難しいチャレンジでしたが、このラップタイムでそれに応えられたのは良かったと思っていますし、このクルマの開発の一員として貢献できていることをうれしく思います」

 昨シーズンのWEC王者は明日の決勝に向け、信頼性を確保することが重要であると語った。

「明日はさらにチャレンジングな一日になるでしょう」と可夢偉。

「特にタイヤの摩耗についてはまだ克服しなければならないことが沢山あります。まずは信頼性を確保し、最優先事項はレースを確実に完走することです」

 ポールポジション獲得による選手権ポイント1点を得た7号車がグリッド最前列に並ぶ決勝の6時間レースは、5月1日13時30分(日本時間20時30分)にスタートが切られる予定だ。

予選ワン・ツーを決め、決勝グリッドのフロントロウを独占したトヨタGR010ハイブリッド
セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドレン・ハートレー組8号車トヨタGR010ハイブリッド