ペレス「目標はポール。タイヤに課題もマシンのポテンシャルは高い」レッドブル・ホンダ/F1第3戦金曜

©株式会社サンズ

 2021年F1ポルトガルGPの金曜、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスはフリー走行1=3番手(1分19秒846/22周)/2=10番手(1分20秒516/28周)だった。どちらのタイムもソフトタイヤで記録している。

 ペレスはFP2ではフライングラップの際に渋滞に引っ掛かり、理想的なタイムを出せなかった。

2021年F1第3戦ポルトガルGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス フリー走行1=3番手/2=10番手
 去年とほとんど同じ路面コンディションだった。ターマックが新しく、グリップが低いため、タイヤをうまく機能させるのがとても難しい。楽な状況ではないので、タイヤの挙動を理解することに集中して作業を行った。

 ミディアムタイヤでのペースはよかったけれど、ソフトコンパウンドを履いてもラップタイムが改善されなかった。これについて調査して、予選までに解決したい。

 前回のイモラとは特性が全く違うコースで、ターマックの関係で全体的にグリップが低い。だから前戦と比較するのは難しいが、僕たちのマシンのペースはとてもいいと思う。明日はポールポジションをかけて戦えればいいね。

2021年F1第3戦ポルトガルGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)と妻のカローラ・マルティネスさん