海一望の絶景キャンプ、ドームテントで楽しんで 1棟4人まで宿泊、感染防止にも配慮

© 株式会社神戸新聞社

瀬戸内海を一望する地に設置されたドームテント=赤穂市御崎

 手軽にキャンプを楽しめる「グランピング」が人気となる中、兵庫県赤穂市立野外活動センター(同市御崎)は円形ドーム状のテント2棟を敷地内に設置した。エアコンや照明、冷蔵庫、コンセント、無線LAN(Wi-Fi)を備え、1棟4人まで宿泊できる。ドッグランを併設し、犬の同伴宿泊も可。換気扇や空気清浄器も備え、新型コロナウイルス感染防止にも配慮した。

 同センターは1978年に開設後、43年がたつ。指定管理者「神姫バスグループ共同事業体」(代表団体・神姫トラストホープ)がキャンプの初心者ら新たな利用者の獲得を目指し、未使用部分を活用して常設のドームテントを設置。「赤穂御崎グラン・ドームテント」と名付けた。設置費用は2棟で280万円。

 高さ約3メートルで面積約10平方メートル。換気扇、空気清浄器、空気循環器、ホットカーペット(冬季)、寝具(人数分)、ソファ、折り畳み式テーブルも備える。

 ドッグランも設置。コロナ禍でアウトドアブームの中、ペット同伴の利用問い合わせの増加に対応した。芝生で覆われた区域を活用。利用ルールや進入路を定め、トラブル防止や動物の苦手な人に配慮する。

 ドームテントの料金は1棟8800円から。バーベキュー食材の手配(2人前5600円から)もできる。受け付けは3カ月前~2日前。同センターTEL0791.45.1067 (坂本 勝)