FP1初走行のアイロット「走るたびに自信を深めた。たくさんのことを学び、上出来の1日」/F1第3戦金曜

©株式会社サンズ

 2021年F1第3戦ポルトガルGPの初日、アルファロメオ・レーシング・オーレンからフリー走行1回目に出走したカラム・アイロットは、走るたびに自信を築き、多くのことを学んだ上出来の1日を過ごしたと語った。

 フェラーリの育成ドライバーであるアイロットは、昨年FIA-F2をドライバーズランキング2位で終える活躍を見せたが、2021年のF1のシートを獲得することができなかった。今年はフェラーリのテストドライバーを務め、1月や4月中旬にはミック・シューマッハー(ハース)らとともにフェラーリの旧型車でテスト走行を行った。

 そしてポルトガルGPの直前に、アイロットがアルファロメオのリザーブドライバーに就任したことが発表された。昨年のアイフェルGPではハースからFP1に出走する予定だったが、悪天候によりセッション自体がキャンセルとなってしまい、アイロットは今回ようやくF1の公式セッションに参加する機会を掴んだ。

2021年F1第3戦ポルトガルGP カラム・アイロット(アルファロメオ)

 アントニオ・ジョビナッツィに代わってFP1を走ったアイロットは、これまでチームと仕事をしてきた経験が役に立ち、多くのことを学んだとコメントした。

「今日はクルマに乗ることができて本当に楽しかった。チームは、僕ができるだけ簡単に全力で仕事に取り組めるようにしてくれた。経験を積み、この時間を最大限に活用して、チームが週末に向けてデータを集めるのに役立つ素晴らしい機会だった」

「ここは簡単なコースではないけれど、走るたびに自信を深めることができた。ハードタイヤでの1回目の走行はうまくいき、マシンに慣れることができた。ソフトタイヤに履き替えた時は、グリップが大幅に向上したので最初は少し戸惑ったよ」

「でもセッションの終盤に向けて、どこでグリップを引き出すのかということについて、いいフィーリングを得ることができた。これまでチームと一緒に仕事をしてきたことが役に立ったよ。全体として、安定して走ることができて、たくさんのことを学び、上出来の1日だった」

 アルファロメオではロバート・クビサもリザーブドライバーを務めているが、今後はクビサが他のレースに参戦しチームに帯同できない際は、アイロットがリザーブドライバーを務めることになる。なおアイロットは、今後も複数のグランプリでFP1に参加することが決まっている。

2021年F1第3戦ポルトガルGP カラム・アイロット(アルファロメオ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP カラム・アイロット(アルファロメオ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP カラム・アイロット(アルファロメオ)