有吉弘行の番組を猛批判!? 出演芸人が“ガチ不満”暴露「納得いかない」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

4月27日深夜放送のラジオ『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO FM)に、ゲストとしてお笑いコンビ『メイプル超合金』カズレーザーと『ぺこぱ』松陰寺太勇が登場。2人がテレビ番組の〝人気企画〟について苦言を呈する一幕があり、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

この日の放送では〝嫌な仕事〟がトークテーマにあがり、松陰寺は〝大食い〟と〝激辛〟と回答。するとカズレーザーも松陰寺の意見に賛同し、「なんで大食い番組って許されてるんですかね?」「誰も得してないと思うんですよね」と不満を打ち明ける。さらに2人はヒートアップしはじめ、松陰寺は〝フードハラスメント〟とコメントし、カズレーザーは「見れば見るほど納得いかない」「あんな虐待ないですよね」と揃って猛批判。またカズレーザーは「俺も何回かやってるんですけど、本当に食えないんで」と不満を漏らすのだった。

激辛と大食いと言えばあの番組…?

彼らの意見に対して、同意する人も多く、ネット上には、

《大食いと激辛は何が楽しいのか分からん》
《激辛料理の企画もやめろよ ただの味覚障害だから》
《大食い、激辛、ドッキリ。視聴率取れるからしゃーない、それが視聴者のレベル》
《大食いの人がやるのはいいと思うけど、小食の人に大食いさせるのは虐待で合ってるわ》
《食べ物を粗末にする番組に見えて、大食い番組は嫌いだな》
《賛成。大食い企画と激辛企画とバンジーはもういらん、特に大食い。食べ物がもったいなさすぎる》

などと賛同の声が殺到している。

「さまざまなテレビ番組で〝大食い企画〟を行っている昨今。2人が言っているのは、特に大食いと激辛に特化した番組『有吉ゼミ』(日本テレビ系)でしょう。2人とも同番組への出演経験があり、昨年4月20日放送回で松陰寺が〝激辛豆腐鍋〟を食べる姿には反響がありました。2人とも番組名などは挙げていませんでしたが、激辛と大食いということで遠回しに同番組の批判をしていたのかもしれませんね」(芸能ライター)

今回の発言を受けて、2人が大食いや激辛の企画に呼ばれることが減りそうだ。しかし本気で嫌がる2人は、それを見越して本心を話すまでにいたったのかもしれない。