聖火リレー関係者6人感染

鹿児島、新型コロナ

©一般社団法人共同通信社

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、鹿児島県で4月27日に行われた聖火リレーで交通整理業務に従事していた6人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。

 鹿児島県によると、3人は奄美市で活動し、残りの3人は霧島市で業務に当たった市職員。いずれもマスクを着用しており、不特定多数への感染はなかったとみている。

 聖火リレーで感染が判明した関係者は計8人となった。