日本ハム、新たに4選手が陽性

2日、札幌での西武戦は中止

© 一般社団法人共同通信社

 プロ野球日本ハムは1日、新たにロニー・ロドリゲス内野手(29)、高浜祐仁内野手(24)、今川優馬外野手(24)、郡拓也捕手(23)の4選手が、新型コロナの検査で陽性判定されたと発表。飯山裕志内野守備コーチ(41)とチームスタッフの2人も陽性と判明。2日の札幌ドームでの西武戦を中止にする。

 日本ハムは4月30日に中島卓也内野手、西川遥輝外野手、清水優心捕手の感染が判明し、1軍の選手や監督、コーチ、スタッフ全員にPCR検査を実施していた。

 1日は試合前に今川選手が再検査を受けていて「感染拡大防止特例2021」の対象選手として出場選手登録から外した。