『ネメシス』第4話 “アンナ”広瀬すず、女子高生に扮装して潜入捜査

©ブロードメディア株式会社

『ネメシス』第4話より(C)日本テレビ

広瀬すず櫻井翔がダブル主演するドラマ『ネメシス』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第4話が今夜2日に放送される。第4話では広瀬演じるアンナが女子高生に扮装して、高校に潜入捜査をする。

横浜・八景島シーパラダイスを、連続爆弾魔“ボマー”から救ったネメシスの面々。アンナは、この事件を機に知り合った天才大学生の四葉朋美(橋本環奈)とすっかり意気投合。朋美は事務所にもちょくちょく遊びに来て、すっかり“チームネメシス”の一員に。

今回の依頼者は、エリート女子高に常駐するスクールカウンセラーの雪村陽子(村川絵梨)。美術教師の黒田秀臣(水間ロン)が、昼休みに窓から校庭に転落。学校側は自殺で片付けようとするが、雪村は他殺を疑い犯人を突き止めてほしいと風真尚希(櫻井翔)に懇願する。

一度は依頼を断るよう風真に指示する社長の栗田一秋(江口洋介)だったが、雪村の勤務先が“デカルト女学院”と聞くと、なぜか突然快諾。アンナをインドからの転入生として学院内部に潜入させ、風真は警察のタカ&ユージ(勝地涼&中村蒼)と共に外側から堂々と捜査を開始する。

第4話にはMEGUMI、奥平大兼らも出演する。

ドラマ『ネメシス』は日本テレビ系にて、毎週日曜22時30分放送。