帰ってきた「サンキューバナナ」 人気ジュース店、今年も十和田に

©株式会社デーリー東北新聞社

サンキューバナナとサンキューいちごをPRするスタッフ

 十和田市で昨年、人気を集めたジュース専門店「サンキューバナナ」が帰ってきた。同市稲生町のアートステーショントワダ内で4月29日から営業を再開。今年は濃厚なバナナのほか、甘味と酸味が絶妙なイチゴも新たに仲間入りしている。営業は8月29日まで。

 サンキューバナナは昨春、京都市にオープンした人気店で、現在は国内に4店舗を展開。十和田店は同市版DMO(観光地域づくり推進法人)十和田奥入瀬観光機構が運営する2号店として、昨年6~9月に開設された。

 ジュースの「サンキューバナナ」は砂糖や蜂蜜は不使用で、完熟バナナとミルクの自然な甘さが楽しめる。「サンキューいちご」(数量限定)は青森県産のイチゴを使っており、甘酸っぱい爽やかな味わいに仕上がっている。

 同機構の担当者は「昨年はリピーターや常連も多く好評だった。今年もサンキューバナナで街中ににぎわいとハッピーを届けたい」と話した。

 税込み価格はバナナ390円、いちご580円。営業時間は、平日午前11時(土日祝日同10時)~午後5時。定休日は月、火曜。【全文】