待ってたアユの季節 黒羽観光やなオープン 大田原【動画】

©株式会社下野新聞社

焼き上げられるアユ

 栃木県大田原市黒羽向町の黒羽観光やなが1日、今季の営業を開始した。水害からの復興を果たした昨年は新型コロナウイルスの影響で2カ月遅れの開業を余儀なくされたが、今年は予定通りのオープンとなった。

 運営する黒羽観光簗漁業組合は、新型コロナ感染防止対策のため今年も開店披露式は中止し、店内は密を避けるため席数を約3分の1の150席へ減らした。

 この日は、開店と同時に客が来店し、従業員たちはマスクとフェイスガード姿でアユの釜飯や塩焼きを運んでいた。ツーリングが趣味で毎年訪れている茨城県那珂市門部、会社員初瀬喜広(はつせよしひろ)さん(45)は「昨年はコロナで来られなかった。アユは季節を感じられておいしい」と喜んでいた。

 来店した同組合長の津久井富雄(つくいとみお)市長は「今年は5月1日に開店の準備が整い、客を迎えられてうれしい」と述べた。