岡山の住宅火災で2遺体

住人の会社員と母親か

© 一般社団法人共同通信社

火災のあった住宅=2日午後、岡山市

 2日午前3時15分ごろ、岡山市東区東平島、会社員河原徹さん(65)から、自宅が燃えていると119番があった。鉄筋2階建て住宅約140平方メートルが全焼し、1階の焼け跡から2遺体が見つかった。岡山東署は、通報後に連絡が取れなくなった河原さんと母親(90)とみて、身元や出火原因を調べている。

 署によると、河原さんは妻(62)、母親と3人暮らし。出火当時は県内に住む長女(31)と孫(1)が帰省中で5人が家にいたという。妻、長女、孫の3人は逃げ出して無事だった。