柔道男子強化選手がコロナ陽性

五輪代表も参加の合宿中止

©一般社団法人共同通信社

全日本柔道連盟の事務局が入る東京都文京区の講道館=2020年4月

 全日本柔道連盟(全柔連)は2日、男子の強化選手1人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで東京五輪代表を含めた男子強化合宿に参加するため、初日の1日に検査を実施した。5日までの合宿は中止された。

 全柔連は陽性者の氏名や症状などを伏せている。現在は隔離療養中という。合宿には東京五輪代表7人と6月の世界選手権の代表、井上康生監督らスタッフの計29人が集まっていた。