【マドリードOP】大坂なおみ2回戦敗退 クレーコートにまたしても苦戦

© 株式会社東京スポーツ新聞社

大坂なおみ

改めて課題が浮き彫りとなった。テニスのマドリード・オープン女子シングルス2回戦(2日)、全豪オープン覇者で世界ランキング2位の大坂なおみ(23=日清食品)は、同20位のカロリナ・ムホバ(24=チェコ)に4―6、6―3、1―6で敗れた。

第1セットはサーブに精彩を欠きながらも、必死に食らいついたが、流れをつかむことができなかった。第2セットは第5ゲームでこの試合初のブレークに成功すると、4ゲームを連取し、ペースを握った。しかし、第3セットは終始ムホバに主導権を握られ、自分のテニスをすることができなかった。

ハードコートでは安定したプレーを披露する大坂だが、苦手なクレーコートではこの日も苦戦。30日に開幕する全仏オープンを前に、課題の残る一戦となった。

この記事はいかがでしたか?