朝日新聞支局襲撃から34年

コロナ禍でも「忘れない」

© 一般社団法人共同通信社

朝日新聞阪神支局に飾られた小尻知博記者の遺影の前で、手を合わせる男性=3日午前、兵庫県西宮市

 1987年に朝日新聞阪神支局(兵庫県西宮市)で記者2人が散弾銃で殺傷された事件から34年となった3日、亡くなった小尻知博記者=当時(29)=の遺影を掲げた祭壇が支局内に設けられた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年に続き記帳台の設置は取りやめ、追悼に訪れる人はまばらだったが「事件を忘れてはならない」という声が上がった。

 毎年訪れているという兵庫県芦屋市の無職林康文さん(68)は「(小尻記者と)直接面識はないが、本人のことを思うと本当に無念。正しいことをきっちり伝えようとしても力によって排除されるような世の中は危うい」と話した。