今週も天気変わりやすく 晴れは長続きしない 5日(祝・水)は西日本で雨強まる所も

©株式会社ウェザーマップ

週間予報(天気)

 3日(祝・月)午後は西日本を中心に晴れるが、東・北日本は日本海側を中心に雨や雪の降る所がある見込み。関東など太平洋側でも、一部でにわか雨や雷雨となる可能性がある。あす4日(祝・火)は全国的に晴れるが、晴天はあまり長く続かず、5日(祝・水)以降は再び天気が変わりやすくなりそうだ。

まだ不安定

3日(月・祝)昼過ぎの発雷確率

 3日午後は北日本や北陸で雨や雪の降る所があり、関東でも所々でにわか雨がある見込み。局地的に雨雲が発達して雷雨となる可能性があるため、急な強い雨や落雷、突風に注意が必要だ。ひょうが降るおそれもあるので、今夜はじめ頃まで空模様の変化に注意が必要となる。

3日(月・祝)の全国の天気と予想最高気温

 なお、きょうは北日本で気温が低く、札幌は3月下旬並みの風の冷たさだが、関東から西の各地は20℃を超えて過ごしやすくなりそうだ。

4日は晴天 夏日続出

4日(祝・火)昼過ぎと夜遅くの天気分布予想

 あす4日は北海道で雲が広がりやすいが、東北以南の各地は広く晴れる見込み。朝は空気がひんやりでも日中は気温の上がる地域が多く、関東から西は25℃前後で、内陸は28℃くらいと汗ばむ陽気になりそうだ。ただし、西日本は夕方以降、雲が広がり始め、夜は天気は下り坂に向かう見通し。

5日は広く雨

週間予報(最低/最高気温)

 5日(祝・水)午前は西日本を中心に雨で、九州南部や四国の太平洋側で雨脚が強まる見込み。昼前後には東海や北陸、北日本にも雨の範囲が広がり、北日本は南寄りの風が強まる見通し。東京など関東でも、遅い時間は傘が必要になりそうだ。

 6日(木)は天気の回復する地域が多いが、関東など東日本の太平洋側は、午前中は雨雲が取れにくい見通し。その後、7日(金)には早くも西から次の雨雲が広がり、太平洋側で雨の降り出す所がありそうだ。週末は、湿った空気や上空の寒気の影響で、全国的に変わりやすい天気が続く見込み。

(気象予報士・高橋和也)