ガスリー10位「苦しい週末だったが、フェラーリを抜いて1点獲ることができた」アルファタウリ・ホンダ/F1第3戦

©株式会社サンズ

 2021年F1ポルトガルGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは10位だった。

 ガスリーは9番グリッドからソフトタイヤでスタート。序盤はポジションを保って走り、24周目にミディアムタイヤに交換、12番手でコースに復帰した。9番手までポジションを上げた後、48周目と49周目にダニエル・リカルド(マクラーレン)とフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に抜かれ、11番手に。しかし終盤にポジションダウンしてきたカルロス・サインツJr.(フェラーリ)を抜き、入賞を果たした。

2021年F1第3戦ポルトガルGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)とダニエル・リカルド(マクラーレン)のバトル

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=10位
 正直言って、今日のレースはきつかった。望んでいたレースではなかったが、そうなるという予想はしていた。週末を通して苦労し、予選でもトップ10に入るのがやっとの状態だったので、1ポイント獲得できたのはよかったと思う。

 レース序盤には好調だと感じていた。シャルル(・ルクレール)についていけたんだ。でも結局のところペースが足りなかった。低速コーナーでグリップが足りなかったせいだと思う。それでも最後にカルロス(・サインツ)を抜いて1点をチームのために獲ることができてうれしい。

 バルセロナは高速のコースだし、ここより僕たちのマシンとの相性がいいはずだ。だから次はもっといいパフォーマンスを見せられると期待している。

この記事はいかがでしたか?