京王電鉄、鉄道事業設備に240億円を投資 今年度計画

©Traicy Japan Inc,

京王電鉄は、2021年度に240億円を鉄道事業設備に投じる。

笹塚~仙川駅間連続立体交差事業やホームドアの整備などの安全対策、車両・踏切道の防犯・安全対策、耐震補強、自然災害対策といった安全性向上、5000系車両1編成の新造や駅・車両のリニューアル、車両設備の多言語対応といったサービスの向上、VVVFインバータ制御装置の更新や照明の省エネルギー化などの環境対策、駅舎補助電源装置の増設、駅での案内や保守業務でのデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に取り組む。

世田谷区・渋谷区・杉並区とともに進めている、笹塚~仙川駅間連続立体交差事業では、用地の取得や土留杭の設置、高架橋基礎杭の構築などを進めるほか、新たに下高井戸駅付近と桜上水駅付近で工事に着手し、全8工区のうち6工区で工事を進める。事業が完了することで、25か所の踏切が廃止される。

新型コロナウイルスの影響により、事業環境に変化が生じた場合には、見直しを行う場合があるとしている。