比外相、中国船に「うせやがれ」

南シナ海に多数停泊

© 一般社団法人共同通信社

フィリピンのロクシン外相=20年2月、マニラ(AP=共同)

 【マニラ共同】フィリピンや中国などが領有権を争う南シナ海の海域に多数の中国船が停泊している問題で、フィリピンのロクシン外相は3日、ツイッターで「友人である中国よ。どうすれば丁寧に言えるだろうか。そうだな…、うせやがれ」と怒りを爆発させた。

 またフィリピン外務省は3日、南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)周辺で4月24~25日、巡視や訓練をしていたフィリピン沿岸警備隊に対し、中国海警局の艦船が追尾や進路妨害をしたとして中国側に抗議したと明らかにした。

 スカボロー礁はフィリピンのEEZ内にあるが、中国海警局艦船や漁船が周辺に停泊し、実効支配している。