ソフトバンク・二保 今季初登板で5失点…白星ならず「もったいない投球になった」

© 株式会社東京スポーツ新聞社

悔いの残る投球となったソフトバンク・二保

ソフトバンクの二保旭投手が3日の楽天戦(ペイペイ)で今季初先発。7回途中6安打5失点(自責点4)で白星を飾れなかった。

初回に3点の援護をもらったものの、5回に浅村に痛打を浴びるなどして逆転を許した。3カード連続で負け越し中のチームを救う投球を見せることはできなかった。

降板後は「初回から先のことは考えず、どんどんストライクゾーンで勝負していきました。点の取られ方、ランナーの出し方が悪く、粘ることができなかった。調子は悪くなかっただけに、すごくもったいない投球になってしまった。3点も取ってもらいながら、リードを守れなかったのは本当に申し訳ない」と悔しさをにじませた。