いよいよスーパーGT第2戦富士決勝でフルコースイエロー(FCY)導入へ。その流れをおさらい

©株式会社サンズ

 5月4日(火・祝)に富士スピードウェイで開催されるスーパーGT第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE』。長丁場の500kmレースとなるが、今回の一戦では、これまで導入に向けてテストが繰り返されてきたフルコースイエロー(FCY)がいよいよ実戦で導入される。決勝日を前に、フルコースイエローの仕組みをおさらいしておこう。

 海外でも多くのレースで導入されているフルコースイエロー。スーパーGTでも2016年には導入に向けた検討が始まり、2019年には2020年導入に向けた動きがスタート。2020年はスポーティングレギュレーションにも明記されていた。ただ、プロフェッショナルなシリーズであることから、厳格に速度管理を行うためのシステムが導入されたが、国内では電波法の壁もあり、2020年は開催された富士、鈴鹿、もてぎでテストが繰り返されてきたものの、実際の運用には至っていなかった。

 そんななか迎えた今回のスーパーGT第2戦富士ではついに運用がスタートすることになる。公式練習時にFCYのテストも行われたが、問題なく運用が確認できたという。もし第2戦の決勝レース時にアクシデントが発生した場合、その“出番”が来ることになるが、実際の運用時の流れを確認しておこう。

 まず決勝レース時、車両が危険な場所で停止したとき、またはマーシャルがコース付近で作業しているとき等の安全上の理由が発生した際、フルコースイエローがレースコントロールから宣言される。

 宣言はレースコントロール無線を通じて全チームに通達され、計時モニターおよび車内に設置されたディスプレイに、FCYまでの10秒のカウントダウンがスタートする。また宣言後、ただちに全ポストにFCYボードが提示される。この時点から追い越しが禁止され、ドライバーは周囲の安全を確認し、カウントダウンの間に減速の準備を始めることになる。

 FCYボード提示の約10秒後、全ポストでイエローフラッグが振動表示される。この時点からコース上での走行速度は上限80km/hに規制され、システムによる監視が開始される。なお、すでに導入されているスーパー耐久では区間のタイムで監視されるが、スーパーGTではシステムによる監視で、上限80km/hをオーバーしたり、カウントダウンに減速が間に合わない車両がいたことはFCY解除後にデータでチェックできるという。

 FCY運用時は、不要に遅く一定しない動き、あるいは他のドライバーに危険を及ぼす恐れがあるような方法でドライブされている車両は大会審査委員会に報告される。

 また、FCYボードが提示されてからポストでグリーンフラッグが振動表示されるまでの間、すべての競技車両はピットレーンに進入することはできないが、ピットレーン出口は開放されたままとなる。ホームストレート上を走行中の車両は、ピットからコースインする車両が、ピットレーン出口の第2セーフティーカーラインに到達するまでは追い越すことが認められる。従わなかった場合は、60秒以上のペナルティストップとなる。

 FCY導入後も安全上の問題が解決しない場合は、セーフティカーが導入される場合があり、一方で問題が解消された場合、フルコースイエロー解除が宣言される。解除宣言が行われた後すべての監視ポストでグリーンフラッグが振動表示され、速度規制の解除、オーバーテイクが可能となる。

 今後、このFCYはすべてのコースで導入を目指しているというが、2020年にレースが行われなかったオートポリス、スポーツランドSUGOではまずはテストを行う必要があり、各レースの公式練習で行われることになりそうだ。

 なお富士スピードウェイで言えば、ほぼ全体で上限80km/hの走行が可能だが、ダンロップコーナーではそれ以下に車速を落とさなければコーナリングができないという。また、上限80km/hで全車が走行するものの、いかに最短距離で走り、またコーナリング中に車速を落とさないようにするかなど、“小ワザ”もそれぞれあるという。

 レース中にアクシデントがあった際の有利・不利をなくすことができるフルコースイエロー。これまで導入に向けては、GTアソシエイションはじめ多くの関係者の努力があったことをお伝えしておきたい。できれば導入されないままレースが終わることを期待したいが、いざ導入された際には上記の流れを思い出していただければ幸いだ。

スーパーGT第2戦富士の公式練習でのFCY訓練の様子
ZENT CERUMO GR Supraのコクピット内。中央奥のディスプレイがFCY表示用。ZENTはドライバーの好みで他のGRスープラGT500とは別の位置に設置されているという。
Team LeMans Audi R8 LMSのコクピット内。中央上部のディスプレイがFCY表示用。『LUMIRANK』と書かれており、ドライバー/順位表示システムと連動している。

この記事はいかがでしたか?