【予算300万円の最新コンパクトSUV選び】ホンダ 新型ヴェゼルとトヨタ ヤリスクロスをガチ比較! 新型ヴェゼルが約30万円高いが、トータルで考えるとお買い得だった

©株式会社MOTA

新型ヴェゼルが2021年4月23日でデビューしたが、すでに予約販売で約1.9万台を受注するほど絶好調の売れ行きだ。ご存知の通りライバルがたくさんいるワケだが、今回は2020年にデビューし、バカ売れ中のトヨタ ヤリスクロスと徹底比較。使い勝手や納車後に気になるランニングコストを含め、全方位で比べてみた。結論からいえば、使い勝手なら新型ヴェゼル、ランニングコストならヤリスクロス。果たしてどんな違いがあるのか!?

新型ヴェゼル&ヤリスクロス

オススメはどちらもハイブリッドの上級モデル

新型ヴェゼルの買いグレードは“全部載せ”のe:HEV Z

ファッショントレンドを取り入れたスタイリッシュなデザインとカラーで、大変身を遂げたホンダ 新型ヴェゼルは、トップグレードの「e:HEV PLaY」とほぼ同等の充実装備がお得に手に入る、「e:HEV Z」289万8500円がイチオシグレードです。

外観では、エンブレムグレー塗装フォグライトガーニッシュ、プラチナクロームメッキ調加飾ドアロアガーニッシュのZ専用エクステリアとなり、ブラック+切削の18インチアルミホイールが標準装備で存在感バツグン!

ヤリスクロスの買いグレードは“最上級グレード”のハイブリッド Z

一方でヤリスクロスは、未来的だけど愛嬌のあるデザインで、イチオシはトップグレードとなる「HYBRID Z」258万4000円。外観はアッパーグリルがピアノブラック加飾となるのがZだけで、切削光輝の18インチアルミホイールが標準装備となって、他グレードよりプレミアム感がアップしています。

【内装比較】後席の快適性は断然新型ヴェゼルだが、ヤリスクロスは便利なパワーシートがイイ

この2グレードはどちらも1.5リッターハイブリッド(2WD)ですが、価格差は新型ヴェゼルの方が31万4500円高。一見するとヤリスクロスの方がお買い得なのでは? と思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。まずはインテリアの快適・便利装備で比較してみます。

新型ヴェゼルは超快適! その秘密はUSBソケットの数と後席用エアコン吹き出し口にあった

新型ヴェゼルはオプションナビのほかに社外品の装着も可能

新型ヴェゼルは、マルチインフォメーションディスプレイ、運転席&助手席シートヒーター、ステアリングヒーター、左右独立温度コントロール式フルオートエアコンが標準装備。通常の吹き出し口とは別に、「そよ風アウトレット」という、エアコンの風が直接身体に当たらず、室内全体を包み込むような新技術も搭載されています。

静電タッチ式LEDルームランプや、ワンタッチ式パワーウインドウが全ドアに採用。USBジャックも前席2個、後席2個と多めで便利です。ただ、運転席パワーシートは採用されていません。

>>

ヤリスクロスの良さは前席にあり! 自分好みのドラポジを細かく設定できるパワーシートが嬉しい

対するヤリクロスは全車ディスプレイオーディオが標準となっているために社外品の取り付けは難しいのだった

一方のヤリスクロスは、ディスプレイオーディオ、運転席&助手席シートヒーター、運転席6ウェイパワーシート、オートエアコンが標準装備。USBジャックはフロントシートに2個、DC12V・120Wのアクセサリーソケットが2個あり、ルームランプとLEDアンビエント照明が足元やドアハンドルなどを照らす、イルミネーテッドエントリーシステムが採用されています。

ワンタッチ式パワーウインドウは前ドアのみの設定で、ステアリングヒーターは1万1000円のオプションとなっています。

新型ヴェゼル&ヤリスクロス

ヤリスクロスは小学生以上の世帯に。新型ヴェゼルは全世代にオススメ

次に、室内や荷室の使い勝手を比較しましょう。

シートアレンジの手軽さと後席の広さなら断然新型ヴェゼル

女性でも片手で操作できるほど簡単なのが嬉しいポイント。ラゲッジ側から後席のリクライニングと前後スライド調整など手軽に操作ができるのも好印象

新型ヴェゼルはコンパクトSUV随一の広い後席スペースと、センスがよく質感の高いインテリアが魅力。

後席が6:4分割で座面のポップアップと背面のダイブダウンができ、シートアレンジも豊富です。ハイブリッドでもフロアが低めで、トノカバーも標準装備。

そして、予約クローズ機能付きのハンズフリーアクセスパワーテールゲートが標準装備となっているのも、使い勝手をアップしてくれますね。

>>

ラゲッジルームの使い勝手優先ならヤリスクロス

対するヤリスクロスはグレードごとにインテリアの質感が大きく異なり、最も上質感があるのが今回の「HYBRID Z」です。

対するヤリスクロスは4:2:4のため、真ん中のみを倒してスキー板など長尺物を積載することだった簡単なのだった

後席スペースは必要十分といった広さなので、どちらかと言えばチャイルドシートを卒業した子どものいるファミリーの方が、使い勝手は良さそう。

後席は4:2:4分割の可倒式で、ラゲッジルームのフロアにあるデッキボードが6:4分割となっているのがポイント(2WDのみ)。片側だけ低くして背の高い荷物を積んだりと、アレンジの幅を広げてくれます。ただ、ハンズフリーパワーバックドアは7万7000円のオプションとなっています。

>>

【先進安全装備比較】新型ヴェゼルは全グレードで標準装備だが、ヤリスクロスは最上級グレードでも一部オプションだった

お次は先進安全装備&運転支援システムを比較。

欲しい装備全てが標準装備! 新型ヴェゼルはトータルでお買い得

新型ヴェゼルには、誤発進抑制機能や歩行者事故低減ステアリング、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)など、10の先進機能が揃った「Honda SENSING」が全車に標準装備。

新型ヴェゼルのステアリングスイッチは右側にアダプティブクルーズコントロールなどの先進装備類を。左側にオーディオ操作スイッチを配置している

他にも、夜間に賢く照らしてくれるLEDアクティブコーナリングライトや、坂道を安全に走れるヒルディセントコントロール、バックする際に安心な後退出庫サポートなど、かなりの充実ぶり。

これだけでも相当な安心感ですが、欲を言えば、毎日運転する上では車庫入れの際などの死角をなくしてくれる「マルチビューカメラシステム」は欲しいところ。

ヴェゼル専用チューニングで臨場感あふれる音が楽しめる「プレミアムオーディオ」とセットオプションで、34万7600円となっています。

ヤリスクロスは車線変更時に嬉しいブラインドスポットミラーがオプション

一方でヤリスクロスには、プリクラッシュセーフティ(歩行者・自転車検知機能付)やレーントレーシングアシスト(LTA)、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)など5つの機能が揃う「Toyota Safety Sense」が標準装備です。

対してヤリスクロスのステアリングスイッチは右側に先進装備類を。左側にメーター内のインフォメーションディスプレイの操作スイッチを配している

この他、誤発進抑制機能であるインテリジェントクリアランスソナーも付いています。ただ、毎日運転するならより安心感がアップする、車線変更の時に後方確認をサポートしてくれるオプション装備、「ブラインドスポットモニター」4万9500円、車庫入れなどの際に死角をなくしてくれる「パノラミックビューモニター」3万3000円もぜひ欲しいところです。

【ランニングコスト比較】ガソリン代はわずかにヤリスクロスに軍配

それでは最後に、ランニングコストを予想してみましょう。年に一度支払う自動車税はどちらも同じ、年間3万500円。車検ごとに支払う重量税は、購入時と1回目の車検までどちらも免税で0円!

日々のガソリン代は、新型ヴェゼルの燃費がWLTCモードで24.8km/L。月500km走行すると、約20Lのレギュラーガソリンが必要です。全国平均ガソリン価格(5月3日現在)144.3円で計算すると、2886円のガソリン代がかかります。

対してヤリスクロスはWLTCモードで27.8km/L。月500km走るには約18Lのレギュラーガソリンが必要です。かかるガソリン代は、約2597円となっています。

全席が快適なのは新型ヴェゼル。普段は2人乗車中心ならヤリスクロス

というわけで、新型ヴェゼルは最新の手厚い装備と広い後席がファミリー向け。ヤリスクロスは、コンパクトSUVらしい手軽さと、前席重視のホスピタリティが揃うという特徴がつかめたのではないでしょうか。

車両価格30万円ほどの差は、装備を同等にしていくとわずかな価格差になると思います。また、新型ヴェゼルは4WDを選択すると311万8500円になりますが、ヤリスクロスでは4WDも281万5000円と、予算300万円以下に収まりますので、4WDを狙うのもアリですね。ぜひ、じっくり選んでくださいね。

【筆者:まるも 亜希子】