【高校野球】「お前らで関東を取ってこい」 常総学院・島田監督“オール3年”スタメンで決勝導く

©株式会社Creative2

6回に2点本塁打を放った主将・田邊広大【写真:川村虎大】

準決勝で水城を8-5で撃破、関東大会出場を決める

茨城県春季大会準決勝が5日、J:COMスタジアム土浦で行われ、今年の選抜高校野球大会出場の常総学院が水城を8-5で破った。2点を追う4回、一挙6点を奪って逆転。昨秋に続いて関東大会出場を決めた。準々決勝から4番を務める主将・田邊広大捕手(3年)が2安打2打点の活躍。6回に貴重な2ランを放った。

「あの1本が大きかった」と、常総学院・島田直也監督も田邊の一発を褒めた。6-4で迎えた6回2死一塁の場面で水城のエース・樫村佳歩投手(3年)の直球を振り抜き、左翼ポール際へ。追い上げる水城を突き放した。

今大会、4番を務めるのは2試合目。2日の明秀日立との準々決勝では1点ビハインドの9回に同点打。この日も、4回に三遊間を破るチーム初安打を放って逆転を呼び込み、6回にダメ押し弾を叩き込んだ。「4番の仕事を全うしてくれた」と島田監督も打線を引っ張った田邊を称えた。

選抜での経験が田邊を成長させた。1回戦は敦賀気比を延長13回タイブレークの末に9-5で破るも、2回戦は中京大中京に5-15で大敗した。「甲子園で、野球は1つのプレーで流れが変わるというのを感じました。レベルが高いと1つのミスが大量得点に繋がる。それを経験して、試合の流れ、大事なポイントを掴めるようになりました」。選抜で得た勝負勘が、大事な場面での活躍につながった。

それでも、田邊はチームに危機感を覚えるという。「まだ全然ダメです。今日の試合もたまたま勝っただけ。技術は秋から上がっているかもしれないけど、サインミスとか基本的なところができていない」。関東大会出場を決めても、主将の顔は険しい。

「お前らで関東を勝ち取ってこい」。試合前、島田監督は3年生にそう伝えた。今大会、準決勝で初めてスタメンを3年生で固めた。「意地が逆転に結びついたかな」とうなずいた。

「僕らの代は夏が最後。3年生全員で選抜の借りを甲子園で返したい」。主将はそう力を込めた。(川村虎大 / Kodai Kawamura)