最古の営業運転電車支援を

阪堺電気軌道、修繕費募る

©一般社団法人共同通信社

阪堺電気軌道の「モ161号」(同社提供)

 路面電車を運行する阪堺電気軌道(大阪市)が、営業運転する電車としては日本最古級の「モ161号」の修繕費をクラウドファンディングで集めている。新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化で費用の捻出が困難になったためだ。既に目標金額の748万円に達したが、6月25日まで寄付を募り、当初予定とは別の箇所も含めて修理する。

 同社によると、モ161号は車体の骨組みが鉄製、窓枠や扉が木製で、1928年に製造された。ボタンを押すと扉が開閉し、車掌が手で行うのが一般的だった当時としては先進的だった。

 寄付者には、不要になった乗降扉などを返礼品として贈る。