【ここいろ】山口県光市。関東出身のシェフが仕掛ける「おいしい革命」|モンテ・エ・マーレ(monte e mare)

©ネイティブ株式会社

ぱりっと表面が焼けた自家製フォカッチャのサンドイッチ。挟まれているのは、ハモのフライです。「あんぐっ」とかじりつくと、口の中で脂ののったハモ特有の濃厚な美味しさと、野菜の甘みや辛みがひとつに溶け合っていきました。

ハモのフライを挟んだフォカッチャのサンドイッチ(手前)と、生ハムのバケットサンド

「エネルギーが違う」。山と海の新鮮素材

ここは山口県光市にあるレストラン「モンテ・エ・マーレ」
「ハモなどの魚介類は地元の漁師さんから直接仕入れています。野菜は光市の出穂農園や岩国市の農家向井淳さんなど、無農薬栽培をしている友人たちが育てたものばかり。素材が持つエネルギーが違うんですよ。塩は、光市沖の離島・牛島で採れる天然塩です」

厨房で調理をしながら、オーナーシェフの座間達也さんが明るい声で教えてくれました。

***

東日本大震災を機に移住した座間さん。暮らしていくうちに気付いた地域の魅力を、食を通して伝えています。

全文はこちら

The post 【ここいろ】山口県光市。関東出身のシェフが仕掛ける「おいしい革命」|モンテ・エ・マーレ(monte e mare) first appeared on Nativ.media | 地方移住・関係人口創出のプラットフォーム.