東西南北

©Nikkey Shimbun

 サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固い握手を交わす写真を添えている。パウロ・グスターヴォをはじめ、悲しい死のニュースをよく聞く昨今だけに、市長には癌を乗り越え、みなに勇気を与えて欲しいところだ。
     ◎
 4日のサッカーのリベルタドーレス杯。コーヴァス市長が親子して大ファンを公言しているサントスは、本拠地でストロンゲスト(ボリビア)に5―0で圧勝。グループリーグは2連敗スタートだったが、ここから巻き返しをはかりたいところ。パルメイラスも、敵地アルゼンチンでのデフェンザ・イ・ジュスティシア戦に2―1で勝利し、3連勝を飾った。